FC2ブログ

椎名霧と申します。

某大学心理学科の3回生。


毎日ゆったり、ゆっくり。




1クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ

にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 文系大学生へ

にほんブログ村




リンクフリーです。ご自由にどうぞ。コメントはありがたく読んでいますが返信は気まぐれです。





以下、ちょっとしたトリセツ

更新しました(2019/6/7)

【続きを読む】

スポンサーサイト
「愛と虐待は無関係なんだよ」

と、以前言われたことがある。


分かっている。理解もしている。

でも、心に すとん と入ってこない。


虐待されていたという事実を認めたくない
そんな瞬間がある。

愛されていた記憶が、確かにあるから。

父が大きな手で頭を撫でてくれたこと
母が優しく裁縫を教えてくれたこと

その全てを、確かに覚えている。
母が祖母から貰い、それを私にくれた、
ネックレスを外した。
肌身離さずつけていたけれど。

少しずつ、されど確実に、事は進んでいる。

この人と居ると安心する、少しでも一緒にいたい、
そう思うひとがいる。
薄皮を一枚ずつ重ねて、少しでも近くに居られるように、
そうやって頑張ってきた。
この人とも会えなくなる。

一度でいいから、この人から抱きしめられてみたかった。
愛されてみたかった。

生きていたことを、死んでゆくことを、覚えていてもらいたい。
わがままと言われたとしても。

この人と一緒に居た時の記憶は、
とても柔らかな空気と、光に包まれている。
忘れない。

ただまっすぐに、愛されてみたかった、誰かに。

生きることへの絶望と、
死ぬことへの希望と。
今なら死ねる。

まだ、体が動くから。

今のうちに。


と。
眠剤飲んでフラフラ眠たい状況だけど、
眠りたくない、そんな気持ちです。

なんだかね、つらくて
未来が見えなくて
不安で
たまに涙が出る

このまま生きてて、どうなるんだろう

転がり落ちるのは一瞬だった
転がり落ちても何年かかければ元に戻れる
と、そう言われたけれど
そんな未来、想像できなくて


はあ、
弱音ばかりが出てくる


全て放り出して
全てなかったことに

なんで
こんなにも上手くいかないの

生きていたくない
逃げてしまいたい
この世から


心の隙間を埋めるのは
カロリーだけ

どんな言葉も響かなくて

発した言葉に責任をもってくれる
そんな人などいなくて

守ってくれる人もいなくて


それでも生きてゆかなければならなくて
少し不安。漠然と。


特段自ら死に向かっていこうとは思わないけど、
煙草を吸う度、あー早くガンにでもならないかなー
とか。

そういうことを煙草吸いながら考えていました。



入院中にできた友人のひとりに、
被虐待経験のある人がいるのですが(よく会うし遊ぶ仲)、
この前会ったとき、
「あっ、これお父さん好きそう。父の日のカードこれにしよ」
と呟いていたのを耳にしてしまった。

父の日、
虐待されていたと自覚しているのに、
できるんだ。

と。


私は父が憎いわけじゃない。母もしかり。
そう思いたい。

けれど、許せるほどの心の余裕はないんだ。

自分って心狭いのかなあ、と。


毎年なにもできずにいる。
特になにも起こることのない母の日と父の日。
天気のせいか、気圧のせいか、
あまり調子がよろしくないです。
鬱転するのかな。

昨日はTwitterにも荒れた投稿をしてしまい、
アー... となっております。

不安なことが沢山溢れてきてしまって。


摂食みがまた強まってきました。

毎朝裸で体重計に乗る日々が戻ってきてきてしまった。
体重とカロリーに追いかけ回されるんだ、また。

あれだけ体重計と距離を取れていたのに。

なんで上手くいかないんだろう。


後期は休学しようかと考えています。
まだ迷ってる途中。

母にも許可取らなくてはならないし
(授業料自分で払ってるのにも関わらず)、
指導教官ともまた面談しなくてはならないし、
またいつ入院になるかも分からないし、
そもそも学校に復帰したら
また解離が悪化するのが目に見えていて。

何のために頑張ってるんだろう、今。

毎朝化粧して、
楽しく過ごしているように見えるかもだけど
ふと考えるのは、
学校のこと、お金のこと、食べること。



こういうことばかり考えてしまうのは
きっと梅雨だからだと。

そう言い聞かせて。



つらくない
弱音は吐かない
歯をくいしばってでも
生きてやるんだから

そう思っても
どうにもこうにも。
保険金がおりました。
一昨年くらいからの入院で、
たまに請求していた分、総額200万円。
今回は55日分の55万円。
預金残高が2万円きっていたので助かった...。

こればかりは保険に加入してくれていた母に感謝だ。


そして、先週末の帰省。

意外にも母の旦那さん宅、あまり違和感なく過ごせた。
解離もせず、説明会も行けた。
収穫も沢山あり。

ああ、大学辞めるか否か。
迷うなあ。

母にはデパコスリップをプレゼントしてもらい、
私は私で香水を買ってしまった。

うふふ 大変に満足です。


明日は外来受診日。

最近は定期薬をきちんと飲んでいるので
軽躁状態も落ち着いてきていて。

しかしながらフラッシュバックもたまにあって、
まあ...うーん... という感じ。

煙草の本数は減ってきた。



そんなこんなの近況を、曇り空の下から。
ついに大学の保健センターがしているカウンセリングを受けてきました。
というのも、軽躁状態で予約を取ってしまったからでありまして...。

S先生という女性の方。穏やかに話す方でした。
まあ、初回だったからこれからどうなるかは分からないけれど。
来週も行ってきます。


そして今日から3日間は福岡に帰省です。
大学院の説明会のため。
はああ、母の旦那さん宅にお泊まりかあ、気が重い。



そういえば髪をピンクに染めたのです。
正確には、少し濃いめのピンクに紫を足した感じ。

この髪色で説明会行くのか...!一周回って印象に残りそう。
さすがにカラコンはしないよ。さすがにね。ピアスは外さないけど(おい)。

自分らしく、いってきます。
退院後、中の子がひたすら頭の中で歩き回り、なんとなくなだめてはいたものの、
「通り魔で殺傷事件でも起こしたら死刑になって、嫌でも死ねるかな」と言い始めてしまったのが事の発端。

3日間、「他人格による他害の恐れあり」とのことで保護室に入っておりました~
現在は退院して、軽躁状態ヒャッホイです。
今だったら、大きくジャンプして空飛べるのではないかとさえ思う。

薬は飲んでおりません。
飲まねばとは思いつつも、飲まなくても元気だからよくわからないし、
まあいっか~とヘラヘラしている感じ。

頭の中が常に慌ただしくて考えがまとまらなくなってきました。
あれこれ手をつけては放置の繰り返し。


先日の外来受診時に、2ヶ月の休養を、と言われて帰ってきました(解離のための療養)。
これで単位が全部なくなるね!学校辞めようか!
放送大学の資料請求しちゃった!

まあ実際、長いこと前から考えたいたことではあったので。
主治医からも放送大学勧められたし。

こちらはおそらく躁の入ってない正常な判断。


煙草は退院後スパスパ吸っております~
日が暮れた後吸うのが好きなんだよなあ。
5回目の入院。
表側の私は心身ともに健康なのですが。

中の子に腕を切られ、救急で縫ったのが先月24日。
包丁以外の刃物を全て捨てたのが25日。
包丁を持って頭のなかを歩く人がいて恐ろしくなったのが26日。
この日に予約外受診、そのまま入院。
外出中に包丁で切られて救急で縫ったのが30日。

という流れ。
今後どうしていくのか。

入院時は学校のこともあるしGW中の入院とのことだったけど、
解離は一生治らないのか、付き合い続けなくてはならないのか、
解離による自傷を減らしたいけど、どのように減らせばいいのか、
そのような疑問や課題を見つけてしまい、退院が延びそうです。

とりあえず、GW中なので主治医が来ない。
しかも外来主治医と変わってしまって一から病状説明しなくてはならないし。
何曜日が外勤なのかも把握できてない。

あとは、30日の自傷のせいで病棟から自由に出られなくなってしまい、
煙草すら吸わせてもらえてもらえません。
この前主治医が付き添いで吸わせてくれたけど、3本だったし。

煙草、吸わせて。
禁煙とか無理です。
前期が始まってしまい、ゼミの配属も決まり、毎日バタバタしております。
ストレスマックス。

解離の悪化と、煙草の消費が激しいのなんの。


でも楽しみはRADのLIVE。

がんばるぞ、
3月1日に退院しました。
約10ヶ月居たことになる。

長かった。
とにかくEMDRに耐える日々でした。
わたし、少しは変われたかな。

解離性障害という病名が新たにつきました。
途中、解離して腕をざっくり切ったり、コードで首を絞めたり、
色々、私の中の子がやってしまったから。

上手く付き合っていけるように練習中です。

二次解離と三次解離の間と言われました。


今は体重に追われる日々です。
入院前から何も変わらず。
入院生活で10キロ太りました。
拒食と非嘔吐過食を行ったり来たりしています。

人とご飯食べるのがつらい。
ああ、また下剤乱用しなくちゃいけないんだ、と。


そんな感じ。


新しくトラガスにピアス穴を開けました。
最近のよかったこと。
本当に 全てから。

投薬治療、もう飽きました、手も震えます
EMDR、フラバも吐き気も毎回酷いです
誰も真に共感してくれる人なんて周りに居ません

つらい


全て放り出して逃げ出してしまいたい。

できないけど。
を取得しました。遂に。2級だった。

3度目の入院があったら申請しようと思っていた。
2度目の入院後の話。

ただ,その話をしたら,
母は悲しみか怒りか分からない顔をしたのを覚えている。

だから自分名義の保険証を作って,扶養からも外れて,
下準備を万全にして,申請をしたのです。
ひっそりと。

でも,よく考えてみれば,成人しているし,別居しているし,
なんの後ろめたさも感じなくてよいのでは,と思う。


申請するまでに色々なことを考えたけど,
取得した今,私は何も変わらず,私のままだった。

何も変わることはなかった。


私にとっては,そこが大事なんだなあと思う。

何があっても変わらない自分という存在。
9月ですね。セプテンバーだ。
外泊継続中です。
こう,なんだか手持ち無沙汰で,記事を書いています。


今の治療はトラウマ治療がメイン。
EMDRというものをやっています。
興味がある人は調べてみてください。こんなんで効くんかと思うはずです。
私も受けるまではそうだったので。心理学科生でもそう思う。

記憶にない記憶が出てくるのが気持ち悪いのです。
事実なのか妄想なのか分からない。自分の過去なのに。

この治療は主治医とは違う先生が担当。


主治医からは,「行動範囲が広がってきましたね」とお褒めの言葉を頂いた。

確実によくなっている。
時間はかかってしまっているけれど。


最近,といっても月イチ更新だけど,なんだかメンヘルのことばかり書いているな。
もっとこう,なんかないかなー。


もう入院しないぞ,という心持ちです。
ここから2年半の大学生活,進学したらまた2年。
立ち止まりたくない。

そのための,いま。
外泊中です。

復学手続きや授業料免除,奨学金の再開手続きに追われています。
だから並行作業が苦手なんだってば,ひとつずつにしてくれ。

復学もしていないのに,院進するか他分野に進学するか迷っています。
まずは体調整えて復学でしょう。
でも,勉強しなくちゃ浪人だ。

と,少しかび臭い部屋で考える。


明日で9月。
早いなあ。夏が終わろうとしている。

秋の便箋,買わなくちゃね。
月イチ更新になってしまっている。


今のお薬は

ラミクタール300
エビリファイ3
炭酸リチウム600

がメインになってきた。
これに眠剤が追加される感じ。


4日間の集中講義を乗りきりました。
復学前の試験登校も兼ねていて、結果は上々かな と。

主治医からは渋られているものの(まず退院決まってない)、
私の意思を尊重してくれるということで、復学方面で進んでいます。


もうすぐ9月なんだなあ。

5月に入院して、今日で何日経ったんだろう。
夏を感じないまま時間が過ぎてしまった。



やってみるしかないなあ、何事も。
がんばるぞ。
拠り所になる場所があるだけましかな。
教会に行けるくらい元気になってきました。

試練というのは、治療もひとつ。
あとは、一応、2週間に一度帰っていたはずの部屋でカビた布団の処理。
復活しました。すごいでしょう。大変だったんだから。

入院は8月まで延びます。
今は週に一度の治療メインで、家に戻る練習もしています。
外泊たくさん。

10月の復学まで、もうすぐあと2ヶ月。
昨年度取りこぼした必修科目をどうするかとか、
今後どうやって授業を取っていくか等々、指導教官と話す予定です。
気が重いなあ。


蝉が鳴いている。
眩しい。
未だ入院中です。

退院の目処が一切立たずにいます。
あら、トラウマ治療までするのね、わたし。 的な。


この治療が、また、つらいんだよお。

負けてたまるか、
実は入院しておりまして。


色々あったのですが、端折ってしまえば独居生活ができなくなった、という感じ。

今回は通院先の大学病院に入院です。
こうやって記事を書けるような緩い病棟。閉鎖だけど。


また1ヶ月です。
ゆるりとエネルギー貯めましょう。
ようやく調子が戻り始めた感じです。
2週間、3週間、泥沼にはまっているようだった。

しにたい、しにたい と呟きながら、なんだかんだ生きていたのです。
はあ、実のところまだしにたい。

けど、「いま」に負けてたまるか、と思う。


正直入院して全て楽になりたかった。
実家方面への紹介状は書いてくれそうだったけど、
大学病院での入院は選択肢として与えてくれなかった。

くそったれ と思いました。
滅多なことがなければ思わないのに。

これだけしんどくても1ヶ月粘れば外来でもどうにかなるんだなあ、
という感想をもちました。
しんどくて仕方なかったです。


しばらくバイトの復帰もおあずけ。
前期いっぱい休学。
なにもない。

宙ぶらりんで、色々焦るね。
生きてます一応
死んでないです今のところ

でも死にそうだ
死んじゃいたい
久しぶりにパソコンからの投稿です。

昨日,実家からの搬出を終え,遂に実家がなくなりました。
あれほど出ていきたいと思った家だったのに,
家具を出し終えたあとの殺風景な部屋を眺めると,ひどく寂しくなった。
曲がりなりにも実家だったのだ,と思う。今になって。

今は最後の受診日までホテル暮らしです。

半年間の実家暮らしもこれで終了。


心を握りつぶされるような孤独感に襲われても,一人で耐えてきたようだけれど,
同じ屋根の下に誰かが居るか居ないかでは大違いなのであって。

吐きそうなくらいに,なんとも言えない感情がこみ上げてくる。

一人暮らしをしていた1年半,どうやって生き抜いてきたのだろう。
どうやって生き抜いてゆくのだろう。


【続きを読む】

2週間くらい浮上していたけど、再び下降中。
なかなか上手くいかない。

毎朝のように、ストーブの灯りだけでお茶を飲む。
早朝に、ひとりで。


シュンッ って消えてしまいたい。
今までのこと、全てなかったように。

誰に宛てるでもなく、たすけて と呟く。
最近、ここ10日くらい、毎晩不安の波に襲われます。
飲み込まれないように、頓服飲んだり温かいもの飲んだり
色々試みてはいるけれど、どれもいまひとつ。
難しいなあ。

ここに書いたことあるかな、分からないけど、
この春に母が再婚します。ので、実家が遂に解散。
実家に置いてあった私物を自分の家に送る作業に追われています。

いやあ、断捨離がはかどることはかどること。

自分のお家も契約満期になるので引っ越し。
色々あったため更新はしませんでした。


たくさんの変化がある春。
ついてゆけるかな。


不安だ。ふあん。
そういえば、入院時の保険金がおりました。ワーイ


体重減るのが楽しいです。
痩せるのが楽しい訳ではない。
鎖骨を眺めるのは好きだけど。
数字が減ることへのこだわりだ、知ってる。

毎朝下着だけで体重計乗るのやめたい。
毎朝の習慣になってしまった。
少しでも体重が増えていると怖くなる。

こんな、気持ち悪い私を、わたしは許してあげられない。
それでもいいよ とは言ってあげられない。


退院後メンタル上向きになった気がしない。
入院で何が変わったのかね。分からんな。

しにたさも全部そのまま
しにたいしにたい って呪詛のように呟く



人とご飯食べられなくなった。
食べているところを見られたくない。
家族はもう駄目だ。
すごくすごく仲の良い人でないと駄目になった。

わたしはおかしい。
こんにちは。

毎週水曜日の午後一番、受診を続けています。
期限つき。3月半ばまで。


休学を決めました。
なるようになるんじゃないの。
分からないけれど。



色々つらくて、うまくいかないことが多い。
ぎりぎり悪化はしてない感じ。

わたしという存在に触れるのは主治医だけでいいのに。


こんなに自傷行為をしながら過ごすのはいつ振りだろう。

自分が気持ち悪い。
腕が傷だらけなのも、体重にこだわりあるのも
全部、ぜんぶ。

自分の吐く言葉で自分を呪い殺しそうだ。

責めてばかりだ。
・今食べられてるもの
スープとヨーグルトは基本的に。

喉の感覚はあまり気にならないけど、
食べ物を口に入れることに抵抗が少しある。

頓服飲んだら普通の人みたいに食べられるけど、
胃が重たくなって気分が悪かった。


・睡眠、やはり気になります。


・母との関係と今後のこと
椎名さんには一人暮らし向いてると思う と言われた。母と距離を取るのは間違ってない。

4月からの休学はもう少し考えたらいい。
決める目安は2月上旬くらいで。

こうやって今後のこと考えるの大事だよ。
椎名さんは また正論言ってるな と思うはずだけど。
(思いました。)


・自傷行為云々



以上。

前回の緊張度はどこへやら。
仲良くやっていけそうな雰囲気です。

前回の受診で、「(距離が)近くて怖い」と言ったら、
診察を始める前に、どこがいいか考えてくれました。
先生のそういうところ好きです。


あー、でも、前主治医が懐かしい。
あのそっけなさ、たまに好き。


次回受診、水曜日の午後。
一度目の入院後も、大体5~6キロ減ったのだけれど
その後、緩やかに戻って、最終的にはプラス5キロになった。

あの時は、体重が減るのは楽しくても、
食べるのが苦痛ではなかったのだ。

なぜだったのか。


食べられないのか、食べないのか


一度目から5年経っていた。
21歳になっていた。

たぶん私は、自分の身体を自分の支配下に置きたいのだ。

食べないことで減ってゆく体重
腕を切ると増えてゆく傷跡


以前の私は、誰かの所有物でも構わなかった。
構わなかった、気にならなかったのではなく、
所有されていることに気付いていなかったのかもしれない。


目に見えるものが好きだ。


自分による自分への支配

それがひとつ、答えかもしれない。

| main | next »