FC2ブログ
今日、何の気なしに過去記事を読んでいました。
中3の春に始めたこのブログ、長いこと続いたなぁ、と思いました。
あの頃とは色々なことが変わった。

まさか自分が高校を中退して、編入試験受けるなんて
思ってもみなかったんです。

高校生になって、普通に通って、普通に進級して
中3の頃みたいに再び受験生になって…

そういう生活を送ると思っていました。


でも違ったね。

リストカットを始めたのは中2の5月の終わり頃
その当時は興味本位、構ってちゃん。
何がきっかけだったかなんて、もう覚えていないのです。

少しずつ傷が増えて、
少しずつ深く切るようになって、
中2の夏にはカット無しでは生きていけなくなってた。

中3の頃から少しずつ休みが増えて、
心のバランスが崩れ始めて、
足首にまでカッターを滑らせた。


中学時代、振り返ってみると
本当の友達なんて1人しかいなかった。
いつも上辺だけ。

どこかで、本当の私を見てくれる人を探してた。

高校生になって、学年でも3本の指に入る問題生徒になった。
1年の終わり頃に教務主任から言われた言葉は
「椎名の月曜日は代休なんだよな」

当時の担任を悪く言うつもりはないけど、
でも、何もしてくれなかったね。
面倒だったから、それで良かったけど、
でも少しは寂しかった。

2年生になって、1ヶ月経たないうちに
親の離婚が決まった。
学校、勉強、部活、家庭の板挟み。

親のせいじゃない。
でも、きっかけかな。
心が耐えきれなくて、学校行けなくなった。

初めてついた病名はパニック障害。

後々、入院主治医に聞いたら
明らかに病院にかかるのが遅すぎたし
鬱なのは診たら分かるレベルだったそう。

それでも服薬治療で頑張ってた。
進級したかった。
欠席数を数える日々だったけど、それでも。


無理がたたって結局入院。
緊急で医療保護入院

まずは私に合う眠剤探しから始まった
今も続いてる。
いっとき経つと効かなくなるみたい。

投薬治療。
認知行動療法。

認知行動療法は面倒かったです。
転院するまで外来診察でもやらされてた。

でも、入院主治医とずっと関わってきて
凄く信頼している先生です。


3年間、SCにはお世話になったなぁ。
すぐ泣いちゃうし、死にたい消えたい言うし。
ネガティブで重い私のこと、
大好きよ、って言ってくれた人。

去年の担任はわざわざ入院中に
お見舞いにまで来てくれた人

比較的若く見える先生だから、
スーツ着てお見舞い来てくれたときに
デイルームで話してて、真横に座って話してたら
後から「彼氏かと思った!」って言われた思い出。


色々変わったけど、人の温かさは変わらないね。

この記事を見てくださってる方も。
ずっと、これからも幸せでいてください。
スポンサーサイト



| main |