FC2ブログ
今日は久しぶりの病院。
(久しぶりと言っても1週間ちょっとあいただけ)
ちょっと調子悪くて、学校欠席してて、
罪悪感でどん底まで落ちてたので、
布団から這い出るのが結構きつかった…


この1週間ちょっとで沢山の出来事があって
自分なりに考えたことが多かったので
ラスト枠のカウンセリングの特権みたいな
10分延長コースに自然となってました。


沢山泣いてきた。
最近保健室に入り浸ってないから
あんまり泣いてなかったんだよね。

でも、友達のこと話してて
まさか自分が泣くとは…

思いもよらぬ出来事。



前の学校の友達で、不登校気味の子がいて
私が退学してからあんまり連絡取ってなくて
久しぶりに会ったら、だいぶ酷いことなってた。

もっと早くに気付きたかった。


ちょうど去年のこの時期、
自分自身が追い詰められてたから
友達のことを自分に重ねてしまう自分がいて、
つらさや苦しみを知ってるから
何の支えにもなれない自分が悔しい。

涙が出たのは何でだったんだろう。
同情かな。
同情って言葉、あんまり好きじゃないんだけどな。
同じ気持ちになってしまって、悲しくなった。


私なりに言えたことは、
今の学校を続けることがベストではないかもしれないということ。

違う道もあるんだよ、って。
それしか言えなかったけど。




今日、カウンセラーに最後に言われたこと。

あなたの言葉は色んなこと経験してるから悟ってるよねー。
カウンセリングで、カウンセラーが発する言葉は
クライアントだけじゃなくて、自分にも返ってくるんだよ。
だから、あなたが友達に
「無理して笑わなくていい。泣いていい。弱音吐いていい」
って言ってるのは、あなた自信にも言ってるんだよ。


だそうです。

カウンセラーは、私が将来心理系の方面に進みたいことを知ってるので
色んなことを教えてくれます。
今日もひとつ、勉強になった。


あなたは人の苦しみが見える人なんだね。
世の中には人の苦しみが見えない人も沢山いるよ。
見えるのは、それだけ沢山のことを経験したからだと思う。
だから、人にこういう言葉を送れるんだね。

って。


あと、カウンセリング始めた頃に比べて
だいぶ自分のこと見れるようになったね。って言われた。

私は人が幸せでいてくれることが自分の幸せ。
そういう考え方だから、つい自分のことを後回しにする癖があって。
自分を犠牲にしてまで相手のことを心配してしまうから、
気付いたときには手遅れ、ってことがよくあった。

相手を助けたいがために、深入りしすぎて潰れたり。
でも、自分が相手を潰したくないって思うように
私を頼ってくれる人も、私が潰れるのを見たら余計に苦しむんだよね。

だから、一線を引くことも重要。


一線を引くって、少し寂しいけど
でも、それでお互いが幸せになれるならいいよね。

今までは深入りしてしまって、
助けられなかったときに自分自身を責めてたから
直していこう、って思ってて、
最近やっと、出来るようになってきました。

自分は今、どこまで踏み込む余裕があるのか。
どこまで受け止められるのか。
よーく考えて、自分なりに支えられればな、って思います。



あと、母親の一言。
「あの頃に比べればだいぶね」
入院直前の頃を思い出しては、そう言われる。

でもね、母親に言ってないだけで
私は消えたい・死にたいって思ってるんだよ。

って。
カウンセラーに言えたことが第一歩。

そうだね。
表面的なものは治っても、
根本的なものは消えないもんね。って。


いつ死のうかな、とか考えてないけど
でも、漠然と死に対する気持ちは持ったまま。



このまま大人になっても、
お婆ちゃんになっても、
ずっとずっと消えないかもしれないね。
スポンサーサイト



| main |