FC2ブログ
・ラジオ体操は第2まで
 しかも必ず1人は違う動きをしている。
 そして、上手くカウントできずに、声を出してずれたカウントを取る人もいる。
 ↑これに看護師さんが笑いを堪えてる。

・日常的に叫んでる人がいる。
 ↑よくあることだから暴れない限りは放置。見て見ぬ振り。

・見えない誰かと口論をしてる人がいる。
 聞き取れた言葉…「私の背中はつるつるよ」って何だそりゃ。
         「進路なんか勝手にしなさい」って 
 とりあえず、複数相手がいる模様。

・目をかっ開いてる男性と、目がうつろな女性が多い。
 これは病気のせいだろうなー。

・抗うつ剤飲んだ後、けんけんぱしてたら躁状態を疑われる。
 これは前回の私の話。カルテに「踊りだしそうな状態」って書かれてた。
 他の患者さんと遊んでただけなんですけど、って訂正はしたけどね。

・患者同士で話が噛みあってないことがある。
 聞いてると凄く面白い。
 …気にならないんだろうか。

・朝、そんなに仲良くない患者さんから絡まれる。
 まず話したこと無いんだけど…。目、かっ開いてるし。

・他人のご飯トレーを片付けてあげようとするおばさんがいる。
 日常的過ぎて看護師も放置。
 ちなみにこの人は、よく退院の用意もしてる。前回も一緒だった。

・デイルームの椅子を全部綺麗に入れようとするおじさんがいる。
 私が足を乗せてる分まで入れようとしてた。

・15分おきに公衆電話でどこかに電話する患者さんがいる。
 大抵は家族。「おかんー」から始まる。おかんも大変だ。
 電話の時だけ何言ってるのか聞き取れない。日常会話は出来てるのに。
 一緒につるんでたメンバーの間でついたニックネームはヴォルデモート閣下(卿じゃないんだよね)
 最終的にこの人のテレカは詰め所預かりになってた。

・株をしてるおじさんがいる。
 毎日デイルームに置いてある、昨日の新聞の株欄を見て、
 何か言いながら切り取った後(機嫌悪い日は破いてる)どこかに電話して
 ひとしきり株の話をした後に「株主優待って何ですか?」の一言。これには爆笑した。
 この人はベストマンって呼ばれてた。後に私も絡まれる。
 ちなみに新聞は公共物ですよー。ちぎっちゃ駄目ですよー。部屋に持ち込むんじゃねえよ糞が。

・何言ってるか聞き取れない患者さんの話を聞き取れる看護師。
 流石プロ。
 しかも、めっちゃゆっくり・殆ど反応がない患者さんのも忍耐強く聞く。
 まあ、それが仕事と言ってしまえばそれまでだけど。
スポンサーサイト



| main |