FC2ブログ
声出らんごとなった

長く続いたら病院
ついこの前に耳鼻科行ったときは
鼓膜も喉も異常なしって

何なんや

怖い
難聴なったときを思い出す
スポンサーサイト
18歳になりました。
正直、18歳まで生きていると思いませんでした。

中学生の頃の私に教えてあげたい
「あなたはここまで生きたよ」と。



今日は大切な人との別れの日でした。
1年と4ヶ月 私を診てくれていた主治医の最後の診察日でした。

最初はいつも通り。
普通の診察。
前の診察から今日まであったこと
めまぐるしく毎日が過ぎていったこと
沢山話しました。


やっとのことで戸籍を変えることになりました。
母親が動いてくれました。
学校側にも沢山お世話になりました。

今は家庭裁判所に母親の氏変更申し立てをしています。
母親が旧姓に戻り次第、私も戸籍を母親の方に移す手続きを踏みます。



今日はもう遅いので簡単に。

最後、主治医が「元気でいることを祈ってます」って言ってくれた。
「祈らなくてもいいよー」って笑ってみせた。


少しでも主治医の心の片隅に私の居場所は残るのかな。
残りますように って手紙を書いてみた。
いつもなら、すごく長くなる手紙なのに、便箋一枚。
シンプルな言葉だけども伝わるように。



Y先生

無事18歳になれました。
命を支えてくれてありがとう。
最後までわがままですみません。
20歳目指して頑張ります。
先生の笑顔が大好きです。
お世話になりました。
ありがとう。

椎名 霧




最後に握手して、さよならした。
最初で最後の握手。


最初に入院した時に、先生の大きな手がいいな って思ってた。
いつか触れたいな とも思ってた。

でもそれは、崩れそうな心の支えとして「人の温もり」を感じたかったわけで。


今回は「ありがとう 元気でね」の握手。


先生のしっかりした大きな手
私の小さな手


最初で最後だからかな
握ったとき、安心した。



柔らかな笑顔と優しい手

最後に心を込めて握手をしたのは、いつだったかな



ほんと 出会えてよかった。

ありがとう
昨日は久しぶりに沢山泣きました。

今、学校の方に4月から使うIDカードの苗字を
母親の旧姓に出来ないか交渉しています。
戸籍自体は母親と話し合って、5月までに変えることになりました。

最初は妹の中学卒業を待ってから戸籍を変える予定だと話したので
やはり、きちんとした書類がないと対応できないと突っぱねられたのですが
もう私には父親の苗字が重すぎます。
2年間背負ってきたけれど、潰されそうです。

母親との話し合いは案の定、話し合いから言い合いに発展して
最終的には喧嘩になり…といつも通りで、
私がいくら冷静に話をしても、どうにもならないことだと知っています。
だからこそ、私のことは理解しきれないと思う。一生かけても。
でも、私があまりにも苗字に執着するのを見て、少し考えたらしく
4月は忙しいからできないと思うけど、5月中には。という約束をしてもらえました。
今までだったら「いつかしようとは思っている」で済まされていたものが
ここまで進みました。本当に長かった。


母親と話している間に新たに分かったことがあります。
母親は父の戸籍から抜けているけれど、私と妹は抜けていないということ。
よく分からないけど、これは父親に親権があると考えていいのかな。
とりあえず、母親から2年間騙され続けていたことに腹が立って、叫んでしまった。


昨日の夜、母親と話し合った結果をすぐに担任に電話で話して
2ヶ月後には変えます。それでも駄目ですか。って言ってみた。
さっき電話が来て、夜に学年主任からもう一度電話が来るそうです。
厄介なことになってるな…と改めて実感。
というか、私って厄介な生徒だな。



最初に担任から対応できないという話をされた後、
少しでも期待した自分が馬鹿らしくて、自分一人で抱えられなくなって
でも母親には何も言えなくて、元担任に電話してしまいました。

私にとって本音を言える人。
母親よりも、ずっとずっと信頼している人。


二言目には泣き出してました。
苗字のことだけじゃなくて、色々考えてはいるけれど保留しているものがあって
自分の進路とか、それなのに動かない身体とか、
母親との関係も、主治医が変わる怖さも、
もちろん4月がくるというだけで、生まれてしまう不安も。
全部全部抱え込んでいたんです。

確かに、今の主治医にも話していた部分はありました。
でも、「先生が変わるのが怖いよ」ってなかなか言えないんです。
白衣の裾を握って離さない幼児みたいで、駄々こねてるみたいで。

小出しにしていた不安だけれど、それを超える速さで新しい不安が積み重なっていく。


本当に電話に出てくれてよかった。
こんなに泣いたの本当に久しぶり。

私の中での信頼できる人という尺度は、その人を相手にして涙を見せられるかどうかです。

どれだけ自分が弱くなってても、どれだけ自分自身がその人を信頼していると思ってても、
弱音を吐いたり、小さいことで涙を流せたり、そういう関係になれない限りは
本当に信頼しているってことにはならない気がします。

だから、前の学校で相手にしたときに思いっきり泣ける先生がいたことは
私にとってとても良かったことなんです。
それだから、今でも前の学校が好き。
沢山の先生たちのことが好きでいられるんです。


男の前で豪快に鼻かむやつ初めて見たぞ って一回言われたけど、
昨日の電話で「いつか先生の前で泣いても、また鼻かみますよ」って言ってみた。
そしたら「お前はそういうやつだってこと知ってるから」だそうです。
今度会ったら抱き付いてやろうかな 嬉しかった。

最後は笑って終われたんだ。



2回目に担任と電話で話したとき、絶対に泣くものかって思ってた。
でも、ついさっきまで母親と喧嘩してたこともあって、
今の苗字で呼ばれることが重荷過ぎて、「苗字で呼ばないでください」って叫んだ。
担任相手に叫ぶこと多すぎると思う 本当に。
普通のトーンで話すことが出来なくなると、どうしても声を制御できない。

でも、私の苦しみは伝わったみたい。(自分で「苦しみ」って恥ずかしいね)
今日来たメールに「あなたのことを下の名前で呼ばせてください」って書いてあった。


学年主任にも伝わるかな
私の気持ちは。


もう嫌なんだよ
好きとか嫌いとかじゃなくて、耐えきれない。



こういうことを母親は隠そうとする。
だから、私が学校に対して何を要求しているかも、
何故母親と喧嘩していたのかも、妹は何も知らない。

だからきっと、妹は何も知らないままで
今の苗字に違和感を感じることもなく生きていくんだと思う。


その環境が、ある意味で羨ましい。
無知なことが羨ましい。



ここまで来たんだ。
ここまで厄介なことにしたんだ。
とことん足掻いてやろう。

それでも駄目だったら
へこみ倒して、どん底まで落ちて
それから上を見よう。


そういう生き方もありだよね。
母親には否定されたけれど。

【続きを読む】

一日前のことを覚えていられない
身体がふらふらする
自分の身体じゃないみたい


2日連続の外出は、まだ体力的に難しくて
こんなので新学期迎えるのが怖いです。

今日の合唱練習サボってしまった。

調子が悪いとかじゃなくて
ただ、なんとなく身体がいうこと聞かなくて
最初は遅刻するつもりだったんだけど
結局休んでしまいました。最悪だ


行かなくてもどうにかなる
行かなくても許してくれる
理解してくれてるから大丈夫

そんな環境があると、心の片隅で
今日は休んでもいいかな
誰にも責められないよね
って思う。


卑怯だなって、思う




昨日、話してた先輩から
三食決まった時間に食べて、
ちゃんと朝起きて、太陽の光を浴びて
寝る前には携帯もテレビも見ずに、眠る準備を、して
ぐっすり眠って…って
そうやって過ごして、強い心作りをしていこうね。と言われました。

霧ちゃんならできる。強くなれる。
って
全て知っているのかのように、沢山話してくれた


SOSは出さない
先輩にメールするときは
「今までありがとうございました」の言葉。

SOSを出したら、依存してしまうから。




今のままじゃ駄目
頑張らなくちゃ
もっともっともっと。
私は努力してない。
怠けてるだけ

全力疾走の自分しか認めてあげられない
OB新歓でした。
最初はだいぶ行きたくなかったけど、行ってみたら楽しかった。
何しろ、凄く大好きな先輩が来てたことが大きくて
お店行くまでも隣で話してて、着いてからも1番近くに居て
すっごく沢山話せました。


で、居酒屋だったし飲み放題だったので
一応先輩の許可を頂いてから(重要)アルコール頂きました
カクテルをグラス5杯。美味しかった。
ほろ酔いです。

近くに座ってた先輩というのは
私の精神的なこととか、もちろん入院したことも知ってて
先輩の奥さんが臨床心理士で、心理センターを経営する傍らで
色んな所で指揮したり、ボイトレトレーナーしたり
自分自身も歌ったりしてて、とりあえず凄い先輩。

本当は薬の関係とかあって、あんまり飲んじゃいけないこととか
今の病状とかを一通り話したあとに、
今、食事はどうしてる?って言われて
ありのままを話したら、とってもありがたいお言葉を、頂きました。
ただ、長かった。

それと、最後に
本当に駄目なときはSOSを出していいから。
メールしてくれたら、どうにかしてあげるからね。
私の後ろには沢山の臨床心理士が居るから。
と言ってくれました。

凄く嬉しかったな。



死ぬ前 少し前に
命を引っ掛ける場所が1つ出来た。
一昨日が診察日で、主治医と復学のリハビリを
って言うことで色々と計画を立ててみました。

とりあえずは机に長時間向かう練習。
出来るようになったら図書館に行ってみる。
学校が始まったら、あまり無理せずに授業に出る。

こんな感じ。

机に向かうと言っても、勉強しなくていいそうです。
ただ、長時間じっとしていることとか
集中を切らさずに授業を聞く練習ですね。

我ながら幼児みたいだと思う。


で、月.水.金が3コマ授業なので
それに合わせてリハビリ開始しました。
火曜と木曜は休みの日。

言ってみれば簡単なのに、
やってみたらなかなか上手くいきません。
うちの学校、1コマ90分あるのになー


薬のことも話したんだけども、
主治医はセロクエルを減らしたいけど
この前ベンザリンを減らしたら不眠が悪化したので
眠剤減らせない間はまだまだだねー だそうです。
あと、ラミクタールの薬価が恐ろしく高いので
リーマスにしたいなー ってなんとなーく言ってみたら
「一気に飲まないって約束できるならね」って言われました。
約束できません。故に却下。

薬は減らしていく方向だそうです。
多分、私が医療費のことを気にしてるからだろうな。


自立支援の申請のために頼んでいた診断書が届きました。
大学病院の診断書料安い ありがたい。
町医者だと5000円とか取られるのに、
2100円で書いてくれます。

紹介状は中身を見ちゃいけないんだけど、
診断書は基本的に見て良いことになってたはずなので
ちらりと見ました。 かなりエグかった。

確かに今までの経緯は合ってて
自分の中では普通に処理してきたもので
今更過ぎたことを思い出しなんてしないのに
診断書に書いてあったことは
4年前まで遡って書かれてあって、
そこからの自殺未遂や入院のこと、
躁転の疑いあり、解離症状あり…など
客観的に読んでみると、なかなか酷いことになってました。

そういえば、
SCの先生に最初の主治医宛てで医療情報提供書を書いてもらったとき
間違いはないかチェックして欲しいって言われて読んでみて、
そのときも自分の生き様に驚いた。


自分では当たり前になっていることが
世間ではそう当たり前ではないのだと分かりました。
今日は終業式の後、部活の集まりに行ってきました。

終業式が終わってから、
来年のIDカードの苗字のことについて
少し担任と面談。

戸籍上は父方の苗字を使っているけど、
来年度から名簿と生徒証だけ旧姓を使えないか、ということ。

上の方に聞いてみて、それから答えを出してくれるそうです。
通ったらいいな。


部活の方は指導してくれている先生の誕生日会でした。
卒業生からのプレゼントを選びに行ったのは
私ともう1人、男子だったんだけど
かなり喜んでもらえたようです。よかった…
どうなることかと思ったけれど、無事に過ぎました。


その後に職員室に顔を出したら
色んな先生に声をかけられまくる…すごく。

2年の時の担任ふたり。
部活の前副顧問。
お世話になった英語の先生。
二年間お世話になった現文の先生。
一年のときにお世話になったオーラルの先生。
あと、校長と副校長。

沢山声かけてもらえて嬉しかったなー


英語の先生と現文の先生が、

辞めた子は、なかなか来てくれないけど
来たら先生たちは喜ぶと思うよ。
つらくなったら来ていい場所なんだからね。
もちろん、何か良かったことがあったときも
部活に来たときとかもねー

って言ってました。
別々に話をしたのに、同じこと言われた。
ほんと、嬉しかったな。

つらいときこそ、来ていいよ って言われたこと。



それだけ。
社交辞令かもしれないけれど、でも嬉しかったんだ。

あと、担任だったふたりは異動しないそうです。
もう内示が出てるみたい。
案の定体調崩した私です。


昨日の夕方担任から電話が来て、色々話して
病状が自分の中ではあまり芳しくないこととか
パニック起こすことが増えたり、解離も増えてるから
そこらへんのことを伝えたんだけど
担任は私が解離することを母親に伝えたほうが良いと思ってるらしく
一応私の許可が欲しいと言ってきたので断りました。

主治医に言っても、別段母親に伝えたほうがいいとか
何か良いほうに向けるように治療しようとか
そういう話も出てないわけだし
今母親に伝えたところで、不安を煽って軟禁状態にされるから。

保健室の先生は知ってるし、主治医も知ってるし
担任も知ってるし、それでいいんじゃないかと私は思います。

実際、解離してても学校行けてる訳なんだから、
解離したときに出てくる子は、
きちんと学校への行き方を知っているんだと思う 多分。


ここ2年間くらい、凄く担任には恵まれてきた私だけど
それが故に先生を相手に、母親に話せないことを話してしまって
こっちが気をつけてないと、いつの間にかその内容が母親に伝わってる。
SCの先生相手ならば、そういうことはないのに。


どこまで信頼していいものか。

こうやって全てを疑って過ごすのは嫌いだから
馬鹿正直に相手を信用して、騙されて。


そこが長所だという人もいるけれど
私はもう少し人を疑う癖をつけなければと思う。
主治医から
「何か一口でもいいから毎食食べて」って言われたにも関わらず
毎日一食の生活を送っています。
食べる気にならないな。


今日の予定は、午後から同期の部員と買い物です。
20日の先生の誕生日会のプレゼント係。めんどくさ…
実際行きたくありません。

何故こうも慣習に縛られて行事をするんだろう 我が音楽部。
先生っていったって、顧問ではなく指導者だし
先生の誕生日会なんて聞いたことない。
実際はOBが集まるための会なんだよね。
先生の誕生日会というのは名前だけ。

でもプレゼントは要るって話。意味わからん。



しかも駅まで30分徒歩。
そこから電車。
そして待ち合わせ場所まで30分徒歩。

遠 い 。



今週は外出の予定が詰まっています。
今日は買い物
火曜は学校
水曜は病院
木曜は学校と誕生日会
金曜が休み
土曜はOB歓迎会
日曜は合唱団の練習日

体調崩す予感がする。



新しいスニーカーが欲しいです。
明るめの色の。

まぁ、買わないんだけどね。



そんじゃ、頑張って行ってきます。
明日ママの主題歌 誰か私を/コトリンゴ
なんか雰囲気が好きです。


主治医が言っていたことで、昨日思い出せなかったこと
大して重要な話ではなかったんだけど
なんとなく自分の中で重みがあったのです。

入院主治医の頃はやってなかった認知行動療法を
外来主治医と再開したのです。
1日の行動とその時の気分とかパーセンテージを書く。
文科省からそのための紙が出されてて、何回かはくれるんだけど
たまーにコピーしてくるの忘れて、
自分でルーズリーフに書く羽目になります。

そこに結構こまめに、
みた夢の内容とか、起こったこととか色々書いてて
最近の夢の内容が悪夢ばかりで、
しかも丁度今週あんまり眠れなくて
眠れてる時間が貴重だから、悪夢で目を覚ますなんて
たまったもんじゃないよ って主治医に言ったら

夢は、起きてる間に処理しきれなかったことを
眠ってる間に脳が処理しようとしてるんだろうね。

って言ってました。
夢分析は出来ないけどねー あはは…
だって。

私の脳は起きてる間に何を処理しきれてないのかな

なんとなく 最後まで沢山の言葉をくれるんだな
って そんな気持ち。


診察の時に一週間の紙を見せたら
うんうん…って言いながら一週間の話をして
必ずスキャンしてカルテに取り込んでる。
その後、今思ってることとか不安なこと
愚痴とかをだらだら話して、
あっという間の30分が過ぎていく。
かなりの確率で30分を超えている。

主治医は細かくカルテを書く方らしく、
入院主治医は長くて読むのが時間かかるから
入院の当日までに読みきってなかったらしい。

だから当然薬歴にもあまり目を通してなくて、
出されてた追加眠剤も頓服も前に試して効かなかったもので
これ効かないんで変えてくださーい
って言ってたな。


とりあえず、申し送りと引き継ぎのために
今までのことと、
私の生き方 「生きる」ことについての考え方
色々とカルテには書いてあるようです。

離れたくないなー
寂しいな。



悪夢をみませんように
主治医の診察が残り2回となりました。
あっけない終わりかたをしそうで怖いです。
「ありがとう」をちゃんと言わなくちゃ

やっぱり入院主治医に変わるそうです。
半年後のことは後期が始まる前に決めればいのでないかと
そんなことを主治医から言われた。

まあね。
確かにそうだよね。
でも、町医者に戻されそうで不安なんだ。



食べられなくなっていることを言ったけども
結局胃薬は処方してくれませんでした。
代わりにガスモチン(だった気がする)を出されました。
毎食決まった時間に一口でもいいから食べて欲しいらしい。
1日一食生活をしてたら、ちょこっと叱られました。
気持ちが食事に向かないんだよなぁ…

元々食べるのはあまり好きではないし。
食べるのが面倒な行為なんです。

でも何か満たされたくて、カショったりもする。

意味不明だ。



最近邦楽を聞けないです。
何でだろう たまにあるけど。

調子悪い時に限ってこうなる。



心配だな。
原因不明の食欲不振が続いております。
拒食期到来ですか。それはようございますね。

このままウイダーだけで生きていきたい。
食べ物受け付けなくていいです。



RADの福岡公演のチケットが余ってて、
発売当初は母親から危ないから駄目って言われてたんだけど
誕生日プレゼントということで
チケット代出してもらって行けることになりました わーい

でもアリーナ立見は駄目らしいです。
指定席取らされた。
万が一調子が悪くなった時のためらしい。
アリーナのほうがよじろーさんに近いのになあ。

まあいいか。ライブ初参戦だ うふ




最近、睡眠の質が悪くなってきています。
減薬したからだろうか ぷつぷつ目が覚める。
眠れないよりも地味にきついなー

だるきつい。


あと、雨で気圧が低くなってるから顎が痛みます。
気が付かないうちに歯を噛みしめてる。
何か分からないけど、ストレスかかってるんだろうな。
知らないけど。


そろそろ勉強し始めないとな…
新学期くるなあ。
右腕のうすーく切った傷跡が消えつつあるのを母親に目撃され
「傷、薄くなったね」と言われたのですが、何とも複雑な気分になりました。
左腕はまだまだ見せられないな。
右腕なんて切ったうちに入らないんだけど。


あるブログにたどり着いて、そこの管理人さんが書いてた言葉なんだけども、
「優しい人が好きなのは、その人の優しさで愛されなかった分を埋めるため」だそうです。

あー なるほどな。 って思った。
なんとなく分かる気がするもの。



自傷行為を辞めようと、一大決心した私ですが
気が付くと、他人の自傷画像を見てニヤニヤしているところです。
我ながら、とても気持ち悪い趣向。
何を埋め合わせようとしてるんだろう



主治医が変わるのいやだなー
今更駄々をこねてもどうにもならない。転勤は決定事項だ。
脳みそは理解してるみたい。うふ



私、障害者手帳を取得できないだろうか。
いや、取得したところでメリットあるのか、ようとは知らんのだけども。
でも何か、確実に病状は「重度かつ継続治療」に入るらしい。
3級くらい取れそうなものだ。

主治医からバイト止められてるけど、バイトしたいです。
春休みの間だけ。年に1回のチャンス。
夏休みと冬休みは課外受けたいから出来ない。


まあね、バイトしたところで病状が悪化するのは目に見えているけど。
特別何かが欲しいとか、別に物欲があるわけではないし、
ただ、大学が私立になるかもしれないから貯金したいのです。
一応国立を狙ってはいるけど、旧帝大なので脳みそがついていかなさそうです。



あ そうだ。
過去2回分の入院で病院から頂いた資料を上げようと思います。
ただ、記事にするのはめんどくさいので、右側にある写真たちと共に暮らして頂きます。

興味がある方は是非ご覧遊ばせ。



只今気になっているのは、自立支援で入院費の補助が出ないことです。
なんのための自立支援だ 馬鹿野郎
少々口が悪いですか 申し訳ありません。


生命保険でも掛けときゃ良かったものを。
よく聞く話だけど、持病での入院は補償してくれないとか、何とか。

そりゃそうだよな。
何度も入院されてたら商売あがったりだ。



戯言だらけですね。
少しは人間らしくなりたいものです。
やがてくる
雪の白さが
悲哀を
讃歌に変えるまで

「季節へのまなざし」より「ゆめみる」



悲哀は悲しみ
讃歌は褒め歌と読みます。

今、9月の定演に向けて歌ってる曲で
ここの歌詞が一番好き。



かなしみ が しあわせ に変わること
きっと、あるのだと思います。


この2年半くらいの間に
失ったものの方が得たものよりも多いけど
でも、何かを得ることが出来たから
マイナスだらけじゃないのだと。

後悔してないと言えば 嘘になる
でも 前を向かなくちゃ
昨日、久しぶりに午前中から学校行って
集会が終わってから保健室に居てたら
人が多いところに居たからか分からないけど
過呼吸とまではいかないパニック起こして
結局はベッドまで抱えられて休まされました。

いつもならきついの気付くんだけどな…
何でだったんだろう。


その日の朝に解離なのか、それとも眠剤のせいなのか
寝てる間にストーブつけて、携帯でネット開きっぱなしで寝てて
ほんと、何なんだろう。

解離だったら、最近多くなってる。


今日は外来日で、残り少ない主治医の診察。

医療費のことを前回話してて、色々と考えてくれたらしく
最終的な結論は、やはり自立支援に落ち着きました。

生活保護だっら今よりも楽になるんだよね。
って話したら
それはお母さん自身も知ってて、
でも、あえて今の生活を選んでるんだと思うよ。
と言われました。

お金のことはあまり心配しなくていいんじゃないか、と言ってました。

でも、やっぱり気になるし、
入院できないっていう心を安定させるアイテムが無くなることが
結構ダメージくらってる気がする。


あ、そういえば
1年半越しくらいだけど
自傷道具を主治医に渡しました。

これで私は、生きるか死ぬかの二択になった。

捨てないでね。って言ったら
いや、これは捨てますって爽やかな笑顔で返事された。

自傷道具入れには何か他の物を入れたら?だそうです。

そんなこと言うのが、さすが主治医だなって思う。



4月からの担当医の話を少ししたんだけども、
火曜日の午後に入院きてたときの主治医が外来に入ってて
そこだったらいいんじゃないか、って言われたんだけど
よく考えてみれば、前期はどうにかなるけど
後期は火曜日の授業が増えてるから通えないんだよね。

来週その話もしなくちゃいけない。
半年で主治医変わるくらいなら、違うほうが良い気がする。


あと、自立支援の申請を始めました。
本当に私が申請するのか…
やるっきゃないな。

とりあえず、診断書を書いてもらって
病院側から送ってきた診断書持って区役所行って
書類沢山書かねばならん。


3月って、やること沢山ね。
3月28日で18歳になるので、医療費のことが心配でたまりません 最近。
市からの、ひとり親家庭の医療費補助もきれてしまうので…
そこに追い打ちをかけたように、母親から
「これ以上入院しないでよ。経済的に困るから」と言われ。

とにかく不安。
自立支援を申請しなおしても、精神科と薬代で月に5000円を超えそうです。
一割負担って大きい。他科にかかったら三割負担… 恐ろしい。
厚労省のHP見てて、自立支援の自己負担の限度額ができるかもしれないけど、それでも5000円。
入院が必要になったらどうすればいいんでしょうか。

本当は18歳以上だったら働けって話なんだろうけど。社会的に。
学校もあるし、病状がこれ以上悪化したらどうしようもないので働けないのですが。
成人してしまったら、世帯を移して生活保護を受けることも可能なのに。
生活保護だったら医療費の自己負担がないから。

18歳、19歳って辛抱するしかないのかな。
21歳までは確実に高校生なんだけど…


この前、訳あって前籍校に行ったときにSCさんと話す機会があって
今年度いっぱいで医療費補助がきれるのと、
自立支援では入院補助をしてくれないことを言って、
更に、母親からの言葉を伝えたら
「ひとつアイテムが減るね…。どうにかならないかなー…」と言われました。

主治医にも、わーって話してみたら
「ソーシャルワーカーさんと話してみる?」って、また他人に話すのか…みたいな展開。


入院って人によって合う合わないがあるけど、私の場合は凄く合うみたいで
これ以上家で生活できないって思ったときに頼れるものが入院。

急性期に刃物から遠ざかって、薬を管理してもらって…
っていう、自傷行為をしないで急性期を乗り切るコツというか、
そういうものを、2回の入院でやっと掴みかけた所だったのにな…。

これ以上、自傷行為を重ねたくないって最近思い始めたのに。



どうしたらいいんだろう。

ソーシャルワーカーさんに他の補助がないか聞いてみるのが正解なんだろうけど。
1回しか話したことがない人に、不安を全部ぶちまけるのってきつい。
しかも、3月中に自立支援の申請しにいかなくちゃいけないし。
自立支援の申請って病院側がやってくれるところもあれば、
大学病院みたいに自分でやらなくちゃいけないところもあって。
前の時は個人病院だったから、全部向こうがしてくれたけど…
区役所じゃなくて市役所だった気がするし。


本当は主治医と今のことをちゃんと話して、
4月からの担当医のことも話し合って…ってしたかったのに。
なかなかそうはいかないのかな。慌ただしくなりそう。



普通に高校を卒業して、大学生になって、就職して。
そんな人生簡単には送れないんだよね。

母子家庭を言い訳には絶対しないけど、経済的に余裕がないのは事実。
でも、母親が中途半端に(言い方悪いけど)正社員で稼いでるから、非課税世帯じゃない。
税金払うのと、払わないのじゃ、色々な補助が変わってくるんだよ。
非課税世帯じゃないから、教科書の補助金も出るのか微妙なところだし…

生活保護もらったほうが、働いてるよりも貰えるのに。
そんなことは母親に言えないけどさ。
母親自体、今の会社で働いてるのが楽しいみたいだし…


区役所に電話してみるかな
久し振りの更新。
調子も持ち直してきました。

金曜日は病院の日。
鬱モードまっしぐらの私は、主治医に
「この薬全部飲んだらどの位眠れるかなー…」
などと言ってました。

診察の時は、必ず残ってる頓服を持って行く約束。
飲んだ量と飲んだときの状況を話す。
覚えてないことが殆どだけども…


薬薬薬 って言ってたら
「今回は薬止めようか」って言われました。

「もうどうでもいい、先生好きにしていいよ」って言ってたら
「出来れば椎名さんに決めてもらいたいんだけど…」
というやりとりを30分程度。

結局は薬出してもらえたけど、
「絶対一度に飲まないでね。
解離してても椎名さんは椎名さんだからね」
と念押しされました。

最後、裏切ったらごめんね。って言って帰ってきた。


今は正気です。
先生、ご迷惑おかけしました。ごめんなさい


ラミクタールを150mgに増量。
ベンザリンを1.5mgに減量。最近眠れるから。


頓服だけでも預かろうか、と言われたけれど全部持って帰ってきました。




なんか、病名がうつだったり双極だったり
しかもボーダーも疑われてたり。
いつ定まるんだか…

母親との関係とか、関係とか、関係とか。
結局はそこに戻るんだよな。


椎名さんは本当にすごいよ。
自分で教科書代の補助の申請したり、
自分で住民票取りに行ったり、
自立支援の申請を自分でしたり、
病院にいつも1人で来たり…
病院は誰かと一緒に来る人多いんだよー

と主治医に言われます。


やってるんじゃない。
自分でやるしかないんだよ。

涙が出た。
久し振りに泣いた。
誰の前でも、ひとりでも泣けなかったのに。



たまには母親と一緒に病院に来て欲しいらしいです。
病気への理解とか、病状のこととか…
あと今年度いっぱいで転勤だからね。


連れてくると、ろくなことにならないから
絶対に連れて行かないけど。

先生曰わく、
自分の感情を相手に伝えて、
その反応で自分自身の感情は間違ってないのを知って…
ということをして欲しいみたい。

私は自己評価が低いから、自尊心がどうのこうの…らしいです。
なかなか難しいね。

| main |