FC2ブログ
午前中からあちこち動き回って
あちこち と言っても、病院と学校だけど
地学は普通に受けられたのにHRで過呼吸起こました。
これが結構長引いて… きつかった。

保健室に居る間に何回か担任が来てくれて
治まった後にも少し話したんだけど
早退して欲しかったみたい。
授業受けます。化学も教わって帰ります。
って私が言ったから、
じゃあ、椎名さんの判断に任せるけど
きついと思ったら帰ってね。
と言われ、結局は化学までこなしてきました。

今の心配事は保護者面談で
過呼吸のことを言われないかどうか。
担任に口止めせんないかんな…

化学の先生が25歳だと判明。
もう少し年上かと思ってた…
25ということは、この学校が初任か。


通常勤の保健室の先生ともっと話したいなあ
自分が午前中に学校居なくて
午後からは授業で
夕方の給食時間しか話せない。
まあ、Ⅱ部生で給食ないから
Ⅲ部生よりは話せるけど…

「お母さん」感が好きなんだ。
私の母親は、仕事してるイメージしかない。



後期は空きコマできるから、
もっと話せるようになるかな。




さみしさの溝を
誰かの優しさで埋めようとしてる。

同じものじゃないと埋まらないのに
全部知ってるのに



人肌恋しい


誰でもいいよ
嘘でもいいから
抱きしめて



流れない涙を
心のどこかでせき止めてる
スポンサーサイト



唇の周りが荒れてるのか、かぶれてるのか
よく分かんないけど、とりあえず痛痒いです。
そろそろこの症状が1ヶ月。
途中は落ち着いてて、全く出てなかったんだけどな…
皮膚科に行こうかと思っているところです。


明日は病院です。
さっさと診察を終わらせて、学校へ急がねばなりません。
いつもは火曜日の夕方。
でも、今週と来週は木曜以外の朝一番に予約を入れて
そこから学校へダッシュという形です。

学校に遅刻するかは主治医次第。
金曜日に来週の入院担当が決まるから
外来日(火曜)以外の曜日は、時間が約束できないらしい。
賭けをしてるようで嫌ですねー

まあ 最初の入院の時は、緊急だったので
急に担当が決まった当時の主治医には
ほんとごめんねー って感じです。

とりあえず、授業に間に合うことを願おう。
なんてったって地学。


そういえば。
地学の担当 兼 化学を(個人的に)教わってる先生に
病気のことを話しました。

去年の入院の後、1回だけ授業に出て
「病気は治ったの?」と言われ
そう簡単に治らん病気やと。 って返事して
この前は
「毎週、病院行きよんや。まだ治らんの」と言われたので。

うああああ めんどい!

ってなって、どうせ あと1年間は確実にお世話になる訳だし
隠しててもめんどくさいだけだなー
と思って
「双極性障害なんよ」って サラッと言ったところ
「それどういう病気?」って返されました。

相変わらず認知度低いなー

そこで、躁鬱という名前に変えてみました。
鬱病は知っている模様。
「躁って何?」

はい 来ると思った。

ざっと説明したところ、なんとなーく理解してくれたっぽい。

最終的には
「で、俺にカミングアウトしてどうしたいの?」
って言われたんだけども 笑

別に何も求めてないよ。
ただ、本音を言えば
調子崩すと学校来れなくなる
ってことを知ってて欲しかったんだ。

私の説明が悪かったのか
躁状態=ハイテンション と思ったらしく。
一応訂正しておきました。

躁状態は人によって違うからな…
私は、動けるけど鬱モード だもん。
その結果、恐ろしいことが起こったりします。

ああ この病気難しい。
母親さえ勘違いしたままの躁状態。


この先生には何かとお世話になってるので
化学教わった後、飴ちゃんあげて帰ってる。
「ありがとー」って言って帰るけど
でも、それだけじゃ足りない気がして。

元々授業が無い時間に
わざわざ個人的に授業してくれてて
本来なら、その時間を
他の仕事をこなす時間に充ててたはずなのに
って思ってしまう自分。

どうせ勤務時間内ではあるから
生徒の質問に答えるのは仕事の一つであって
別に悪いことじゃないし
負い目を感じることでもないけど
でも、個人的っていうのが引っかかってて
2,3人の個人指導だったら、こんな気持ちならんのにな。


月曜に教えてもらいよったとき
途中で先生の携帯が鳴って、
担任しとる生徒からの電話だったんだけど
親に学校行ってないことを隠してるみたいで、
そのことを親に連絡せんで って言ってきてたみたい。

それでね、
「俺から親に連絡することはないけど
お前の親から電話きたら言うからな。
あと、学校来なさい。とりあえず来なさい。」
って言いよって。

とりあえず学校来なさい。

って言われるのが、少し羨ましかったな。
私の担任は、きついときは無理しないで って言うから。


きつくても、とりあえず学校に来たら
誰かが手を差し伸べてくれるって
私も知ってるんだけどなあ。



前籍校の担任を思い出す。
空き時間に保健室まで降りてきてくれて
沢山話し聞いてもらったもんなあ。

もう無理や きつい
ってなって電話したら
今でも話し聞いてくれるし…


なんなんやろな。
男の先生やったら、受けとめてくれる気がする。

今の担任は、すっごく真面目で
めちゃくちゃ優しいし、親身になってくれるから
逆に、泣きながら話したら心配されて
夜に電話かかってきたりする。
「ちゃんと家に帰れましたか?」って。

話し聞いてもらえれば、それで大丈夫だよ
って 言いきらない。


でも、そこまで心配してくれる担任も
それはそれで大好きなんです。


それでは おやすみなさい
久し振りに合唱の練習へ参加。
初ピアノ合わせでした。
ピアニストさん上手過ぎて惚れる。
指揮する先輩がピアノの音に惚れ込んで
伴奏を頼んだのがよく分かりました。

今までの練習でも(一応)伴奏さんが居て
まあ、その人も十分上手かったんだけど
その人とは桁違いに上手でした。
同じピアノなのに音が違った。

ソプラノ側で歌いたかったなあ
ピアニストさんの手元見れたのに…
16分音符が5小節あるところが見どころだったのです。
聞いてるだけでも幸せやったけど。


ピアノ合わせとは別に、合唱祭で歌う曲合わせも。
それは別の先輩が指揮してて、無伴奏なんだけど
2曲ともまだまだというところです。

あと1ヶ月。
本当に完成するんでしょうか。
ソプラノが下手だとか そんなこと言えないけど。

指揮してる先輩から
「霧ちゃんコントラだよね?
よかったー 低音出る人が来た」
って言われた。
え 低音とか練習すれば広がるじゃーん
っていう私の考えですが
実はそうではないらしいです。
うん、ここに広がった人間が一匹いるけども。

夏までテナー時々バリトン時々ベースだった私にとって
下のFナチュラルを出すのは朝飯前なのですが
なかなか女声で出る人はいないらしく
(しかも混声合唱団だから、日頃は低音はテナー領域)
低音専門だった私は重宝されるみたいです 嬉しい
でも、確実にステージに乗らねばならぬ。
私が抜けたらコントラかっすかすになるわー うける


1ヶ月くらいサボってたけど、真面目に声出そう。
低音は簡単に出るけど、中間音が響かないんだよなー
現役生の頃からの課題なんだけど
3年間温めたままで終わってしまった。
なぜなら中間音を出す機会がなかったから(真顔)


頑張ります 低音を。
活躍の場は低音パレードのフレーズなので。



さっきまで、今日の練習の録音した分を編集してました。
最終曲とか「ぬおおおおおおお」って感じ(意味分からん)
とりあえずテンション上がる。

アカペラの合わせも録音しとけばよかった。



明日学校行ったら祝日。
がんばろー
口の周りにニキビが出来るのって、疲れからきてるそうです。


週に4回19時までの授業。
それプラス、週に2回個人的に20時50分まで化学教わってる。
あと、授業だけだと志望校には到底届かないから
数研で数学解きつつ、枕草子の現代語訳して…
と勉強に埋もれて毎日を送っています。


今週の水曜まで皆勤してたけど、
とうとう無理がたたったのか木曜に激しい胃痛でダウンしました。
胃痛自体は午前で治まったから、
これで大丈夫かなー とか思ってたら
次は頭痛。その後に神経痛。
まさに、痛みのオンパレード。

金曜は布団から這い出て学校へ。
一回休むと、次の日も休みたくなる… 悪い癖だ。

19時まで授業受けて、その後に担任と面談がありました。
面談のことをすっかり忘れてて
20分遅れで職員室行ったけど
お咎めなしでした。担任まじ女神。

面談の内容は、主に体調のこと。
病院のこととか、勉強のことも。
それと、元212組はまだ繋がってるよ って話も。

くれぐれも体調優先で。って言われた。
まあね そうなんだけども。
なかなか思ってるようにはいかずに
無理して、身体に不調が出てくる。


主治医にも
「椎名さんは調子悪くても
ここまで頑張れたから、まだいける」
って学校行こうとするだろうから
自分でちゃんと休んでね。
って言われます。

色々ばれてる なんで。
くそ長いカルテのせいですか。


自分だとブレーキかけられないから
誰かにかけて欲しい って思うけど
他人に言われたところで
聞く耳をもたない私なのは分かってて。
結局はぶっ倒れるまで頑張ってしまう。

目の前にやることが積み重なってて
それに埋もれてるくらいが一番、気持ち的に楽で
時間を持て余すのは逆につらいから
自分で自分に課題を与えて
自分の首を少しずつ締めていく。

一時的には、何かに追われるのが楽だけど
長い目で見たら、きっと少し手を抜くくらいがちょうどいい。

分かってはいるんだけどなあ。


やるならご自分でどうぞ
っていう校風が少し私を邪魔してる。

それを含めて、今の学校を選んだんだけどね。
診察日でした。


主治医と信頼関係を築きつつあるところです。
入院中は全く心を開こうとしなかったので、これはかなりの進歩。
やっとタメ口で話せるようになった。
これは私なりの信頼の証。

今の主治医は福岡が地元じゃないから
もちろん、今の学校のこともあまり知らないし
前籍校の名前はカルテに書いてなかったそうです。
まず、高校生の患者自体が少ないし
入院患者となれば更に減ってしまって
例え、入院さんで高校生を担当しても
大体は その後、大学病院で外来を続ける人が少ない。
(これは診察時間の問題で、
全日制は普通、来れない時間帯だから。)

まあ、それを見越した上での今日の診察。
今の学校の仕組みと、前籍校でどんな生活をしていたか。
なんせ診察時間が短いので、かいつまんで だったけど
少しだけ今までの生きかたを話しました。

カルテに書き込んでた。
当たり前のことではあるんだけど、
カルテに書く=記録に残る って感じで
生きてきた道を残してるみたいで。

前の主治医は世間話をしている間は
基本キーボードにはノータッチ派。
泣きながら話す事態になって、初めてカタカタいい始めてたなあ。

どうやってカルテを書くのか って
きっと、医者によって違うんだろうけど
今の主治医は話したことを簡潔にして書くタイプ。
前の主治医は話したことそのまま書くタイプ。
今の主治医からしたら「ものすごく読みにくいカルテ」だそう。

でもなあ、なんとなく思ったんだけど
私の話し方とか、話してるテンポとか、言い回しとかを
前の主治医は記録したかったんではないかな と思うのです。

調子良い時はマシンガントーク。
愚痴るときは語尾が伸びる。
鬱モードのときは声が小さくて単語で話す。
こんな感じ。

私が気持ちを真っ直ぐ表現するのが苦手で
例えたり、抽象的にしたり
そういうことを、
1回目の入院中から見てきてくれた前の主治医だったので、
前の主治医のカルテは
私自身が書かれているんじゃないかな って思う。


で、今の主治医の話に戻りますが。
入院中ほど苦手ではなくなってきました。
やっぱり人見知りって面倒だね。
ていうか、なんで前の主治医には簡単に心開いたのかね。

診察時間の長さかな。
長ければ長いほど、関わる時間が長くなるから。

「入院中と表情変わったね」
って最初の外来のときに言われたんだけど
多分それは、緊張を解いたせいでもあったと思う。
入院中よりも状態が良くなったのは事実だけど
この人に話していいのかな って思わなくなったような気がする。

主治医も
「私がどんな人間なのか」
っていうのを知ってくれようとしてる。



どうやって今まで生きてきて
どういう考え方をしていて
どうやって今生きているのか。


んー…
なかなか短い時間で話せない内容ばかりで
どうやって伝えようか考えているところ。

母親と喧嘩したとか
そういう一大事があれば話は早いんだけどな。



あ、でも
RADのライブ行ったんよ
って話したときに
RADって何?ってならなかったので
地味に嬉しかったです(^ω^)
通じてる!!みたいな。

前の主治医はRAD知りませんでした。
この曲のここの歌詞良いんだよー
って言っても
今度聞いてみるねー って言われてた。



病院変わりたくないなあ。
大学病院がずっといいなあ。
若い先生やないと、心開くまでに時間かかり過ぎて…

前のクリニックは半年以上通ったけど、
最後の最後まで心開かず。
毎回3分診察という。


そんな環境には戻りたくないな。



病院にちゃんと続けて来てね
って毎回言われるんだ。
寧ろ薬きれるの怖いから、毎週行くよ
って感じなんだけど
患者さんの中には、
やっぱり途中で治療自体をやめてしまう人もいるらしく。

続けて来てると えらいえらい って言われる
なんなんや これ っていう感じです。


まとまりない文章やなあ。
長くなってすみません。

以上長話でした。
赤い糸は運命の人と繋がってる
とか言うけども
それって切っても切れない縁ってことで
要は逃げられないようにするための鎖みたいな。



絶賛薬指負傷中です。
曲げても伸ばしても痛い。
一応テーピングで固定してるんだけど
腫れてるわけじゃないし、謎ばかり。

最近急に勉強し始めたから使いすぎたかな
前も伴奏の練習し過ぎて右手の指2本痛めた。

本番直前まで肌色のテーピングして舞台に立って歌って
一回舞台袖に戻った時に一気にベリっと。
そして激痛のなか伴奏しましたとさ。
めでたしめでたし。


薬指は地味に困ります。
日常生活は大丈夫だけど、文字が書けない。
ペンが握れなくて、授業をどうしようかと…

悩みどころだ。


明日までに痛みがひくといいんだけどなあ
そんな上手くいったら困らないよね。
一回記事が消えました。萎えてます。


今日、少しきつくて
久し振りに保健室で寝てたんだけど
ちょうどその時間帯が会議で保健室を閉めてて
まるで全日制の高校で欠課してる状態。

横になってて、前籍校で欠課してた自分と重ねてしまった。


異動した保健室の先生元気かな
会いたいな
会いに行ったら抱きしめてくれるかな

前の学校を何で辞めたんだろう
何でもっと頑張れなかったんだろう

今でも在籍してたら
こんな感じで静かな保健室なのかな…


なんて考えてて、気付いたら泣いてて
授業前だっていうのに号泣した。

でもちゃんと次の授業は出たよ。
数学だったし、今週最後の授業。
これまで出たら、今週は皆勤 って授業だった。


「学校」っていう存在が
私にとっては、時に命を繋ぐものになる。
だから、ちゃんと卒業するまでは
高校生でいたいんだ。


卒業した っていう事実が
きっと将来、いつか糧になる時がくる。



5月まで頑張ろう。
まずは1ヶ月。
そしたら次の1ヶ月。
積み重ねてく。

5月になったらやりたいことが沢山ある。

理科を強化し始めたい。
数学を沢山解きたい。

努力した分だけ実力になる。
馬鹿じゃないの、って笑われるかもしれないけど
でも、そのくらい努力したいんだ。

勉強に埋もれるくらいが
私にはちょうどいい。
保健室の先生曰く
「椎名さんが順調に学校来てると
逆に不安になってしまうんよね…」だそう。

毎日出席してたらやばいですか



臨床心理士になるために
単位制なのをいいことに、あっさり文転して
センターで生物受けたくない&地学が好きだから
センターの理科の科目を化学・地学に変更して
受験で二次も数学要るのに
卒年で数演をとらない選択をして
(卒年だと単位一つ落としたら卒業できない)
その代わりと言ってはなんだけど
数研に入部して数学を解きつつ
化学専門の先生を捕まえて、
化学と地学教わる予定にした私です
先生はもう捕まえたよ٩(•౪•٩)三

センターで地学受けるとか
例外中の例外(^ω^)
しかも私の学校は地学専門の先生居ません
でも生物やだよ 片仮名多すぎ


とりあえず毎日勉強してます。
こうやって勉強に追われる毎日楽しい。
予習とか超楽しい。
一日中資料集眺めてたい。
数字に埋もれたい。

習ってないことやるのわくわくするなー
単位制だから、本当に自分がやりたくてやってるわけだし
楽しすぎます(・∀・)♡


でも学校楽しすぎて、
勉強したいモードに入ってしまってるから
疲れてるのを感じなくなってる
んー… あぶない。

自分をお世話できないから、
順調なのが不安て言われるんだろうなー

来れてるうちは
自分出来てるじゃん! って思う。
でもパタっと出来なくなって、泥沼化するんだよな


学校が始まってから、
普通に眠れるようになった。
やっぱりエネルギー使うからだろうな…
眠剤減らしたいなぁ
毎週火曜日恒例の診察日。
主治医が変わってから、素晴らしい程に診察時間が短縮されました。
前までは30分以上話してたのに、今は長くても15分。

今の主治医曰く、殆どの先生が長くて5分だそうです。
私だったら耐えられないな…
でも、そうやって診察しないと患者を診きれないよね。
果たして前の主治医はどうやって患者回してたのやら…


最初の診察で、

僕はだらだら長く話すのは、あまり良いことと思わないし
最初から椎名さんの全てを知れなくてもいいと思ってる。
診察で少しずつ知れたらと思うし、
僕に話そうかな って思ったことだけでいいから。
あと、長く時間をとって話したい時は
言ってくれたらちゃんと時間はとるし、
家で何かあったら電話かけてきてね。

と言われたのが印象に残ってます。


でも、カルテ見たら私の大抵のことは書いてあるんだな。
前の主治医のカルテが長いらしくて、
ざっくりとしか読んでないらしい。

…まず、じっくり読んでください。


調子どう って聞いて
他愛もない話をして
薬の調整をして

そういう診察が主治医の求めているものなのかな

短い診察時間の中で 普通の話から入って、
気持ちが落ち着き始めてから
心の底にこびりついてるものをさらけ出す作業。
私には凄く時間が必要な作業で
とてもじゃないけど15分じゃ足りなくて。

前のクリニックでは最初にカウンセリング入れてて
そこでゆっくり話してから診察だったから
診察時間が短くてもどうにかなった。


つらかったことを ポロって話して
深く聞いてこないのが寂しい。
前の主治医は「うん、それはどうして?」って聞いてくれたから…

昨日の夜、フラッシュバック酷くて
フリーズしてしまったんよ。
叫ばんようにするので精一杯やった。

言ってみた。

そういうことがあるってことを自分で受け止めて
ちゃんと対応できてるから大丈夫だよ

だって。

大丈夫だった? の言葉が欲しかった。
つらくて、怖かったのに。
今も隅っこに破片が残ってて、思い出しそうで
その度に目を逸らすしかなくて。


少し無理して笑ってみせて
心を開かないまま。
涙なんて流れてこない。
土曜日 日曜日とRADWIMPSのライブに行ってきました
すごく楽しかったです。
よじろーの声かっこよすぎた

でも語りません めんどいです
自分の心の中にひっそり ふふふ



数研のはなし。
今日、話を聞いてきました。
顧問の先生と今後の計画を立てて、
じゃあ木曜の15時からね。
ってなりました。

研究会と言っても、集団行動じゃなくて
1人でこつこつと数学に向き合って
分からない問題とかは先生と一緒に解いて
自分の苦手は埋めて、得意なところは伸ばして…
という感じです。


明日から授業です。
やっと授業開始
楽しみ
今日のHRで教科担当が発表。
かなり当たりでした うふふ

1番嬉しかったのが地学の先生。
その次が政経の先生。
次が数ⅡBの先生。

普通なら数学は外れるはずなんだけど
何故か一緒でした。
分かりやすいと評判の先生。
しかも数研の顧問。
今日の部活紹介で入りたいと思ったところ。
(後期入学は部活紹介なかった)

で、入部用紙貰いに職員室へ。
…居ない。
時間をあけて行ってみる。
…居ない。

→月曜でいいか。


問題は部員が(おそらく)居ないこと。
だって部長の名前書いてなかったし。


とりあえず楽しみ。
早く火曜日ならないかなー
授業始まらないかなー
今日は健康診断
明日は身体測定
明後日は合唱練習
明々後日はRADのLIVE

予定詰まりすぎ。

LIVEに着ていく服どうしようかなー
足元はスニーカーって決まってて
履いてくスカートも決まってて
あとは上をどうするか。

当日雨降りそうなんだよね 悲しい



それはそうと
明日の身体測定のために
あと1kg落としたい。
断食しようかな なんて

最初に入院したときとか
今より10kgくらい軽かったのに…
あの頃はほんと食べてなかったもんなあ

ああ 軽くなりたい
今日は始業式でした。
と、同時にクラス替え…
212組はすっごく楽しいクラスだったから寂しさ倍増でした。
みんなで「変わらなくていいのにねー」って言ってみたり。

新しいクラスは23人クラス。
222組23番です。出席番号最後だ…
一緒のクラスになった子も2人。
担任は なんと 変わらず! やったね!!
今年も1年お世話になります。
クラス離れた友達から羨まがられました。


あと、IDカードの件。
無事に母親の旧姓になってました!
まだ旧姓で呼ばれ慣れてないけど。
なんか、もぞがゆいんだよなー

氏名変更届は戸籍上、きちんと変わってからだそうです。


今日から入院主治医に逆戻り。
熊を手懐けなければなりません。
熊っぽいんだよね。

でも、町医者に戻るよりはマシだ。
1時間半の移動時間も…きつくない うん。

明日は休み。入学式だそうな。
後期入学式は視聴覚室だったのに…
前期は体育館なんだよね ずるいよー
後期は30人しか居ないからね。
わざわざ体育館はないわ。


授業は来週の火曜日から。



あと、朗報です。
声が戻りました。
始業式終わって、友達に話しかけようとしたら
ふっ て出た。私も友達もびっくり。
いつも通りのマシンガントークに戻りましたとさ。
パソコンに入っているブックマーク
関わりがあったブロガーさんの所を訪れると
かなりの数で、更新が滞っています
私は相変わらず続けているというのに
少しずつ 消えてく。



追っていた背中
触れていた手のひら

離れていく

温かさが逃げていく


それはあなた自身
それは私自身

大切な ぬくもり
今日、戸籍変更の為に使う
定額小為替と収入印紙を郵便局に買いに行って
そのついでに水道料金の支払いもしたんだけども
郵便局で筆談頼んだら、耳聞こえないと思われたみたいで
向こうも筆談始めた時点で「耳は聞こえます」って伝えたんだよ。
でも、気付かないのか分からんけど、そのまま筆談は続いたのでした…

声が出ないけど耳は聞こえてる状態は
おそらくレアケースなのだと思う。
筆談の時点で普通は戸惑うもんなー
外出が面倒ですね…



合唱の練習に行っても声が出ないと思われて
一応、それでも練習しないわけにはいかず
頼りない耳に今回は頼ってみることにしました。
音源を片っ端から携帯に入れて、ひたすら聞く
楽譜見ながら聞いて聞いて聞いて、それの繰り返し。
自分が歌ってるパートの音のイメージ
自分がその音を出すイメージ
全部イメージで補ってます。
声が戻ってくるまでは仕方ないことだ。

6月2日までにハンガリー語の曲と英語のゴスペル曲を暗譜。
毎日練習があったら余裕で出来ることだけど
全然練習がない合唱団。自主練あるのみ…
ステージで楽譜持つとか恥さらしだ。 と思う



心の中がもやもやしています。
何が不安で、怖いんだろう。

合唱にそっぽ向かれるんが怖いんかな
それとも新学期のことやろか


毎日神経痛が絶えない
耳が痛む日があれば鎖骨が痛む日もあるし
頭痛が出たり、胃痛がしたり、家でも声が出なくなったり。

嫌やなあ
失声症だと思われる今の状態だけども
声帯に異常がないのに何故声が出ないんでしょうか。

声帯って、そもそも筋肉だっけ
声楽してるのに全く知識がない。
筋肉だったら、その筋肉自体がこわばってるとか
そういうことなのかなー って考えられるんだけど…

とりあえず、
上手く声帯を震わすことが出来てないのは事実ですね。
声を出そうとしたときに空気が出るのは分かってるから。



早く声が戻ってこないかな
合唱から遠ざかってる気がしてならない。
自分が歌ってるイメージが出来ないんだよね




早く学校始まって欲しい。
引きこもり同然の生活してるからなー
家事はしてるけども。
殆ど外に出ない。日光を浴びてない。
不健康まっしぐらだ。




最近、長時間の眠剤が合わなくなり始めてるな。
また変えるのかな
あと1週間で始業式です。
新聞を見たところ、お世話になってる先生の異動はなさそうでした。
ただ、前籍校から社会科の先生が来る…おうふ
進学校から定時制・単位制に異動するのって、事実上の左遷だそうです。
お願いだから政経の授業当たりませんように。
あの先生、授業が全然分からないと(ある意味で)評判の先生。
世界史は履修済みだし、日本史と現社は取ってないので。

定時制・単位制の先生は、商業・工業高校を巡る先生が多いそうです。
普通の高校では開講してない授業をする先生が居るからね。
まあ、養護教諭は普通の異動なんだけれども。


あと、中学の頃の担任が今年異動で、新聞に出る前にメールで教えてくれた。
なんか前もそんなことあったなあ…

今まで会えてたのは、通学のバスの沿線だったからなんだけど
今回は少し遠くなりました。
でも「気が向いたとき、悩んだときはおいで」
って言ってくれたので遠慮なく行こうと思います。


今、声が出ないことを一応担任に話してはいるのですが
それを今年度の年次主任と担任に伝えておいてくれるそうです。
めちゃくちゃありがたい。
自分から説明するにも筆談だし、面倒だなーと思っていたところ。

養護教諭の先生には、アドレスを変えたメールを送ったら
なんか、ちゃんとした文章で返ってきたので
声が出ないことを伝えておきました。
メールって便利だよね 電話が出来ない身としては。


ようと考えてみたところ、保健室で筆談してる子見たことないな。
稀すぎるな 私。
不便だなー

家の中で、家族となら話せるときもあるのですが
今日は全く出てくれません。


母親とは筆談をしなくても唇の動きでどうにかなることがあるけれど
妹に至っては、「分からないから書いて」って言われます。
ある程度読唇術ができるのは、年の功だと思う。


電話したいなー
友達の声聞きたい。



最近、神経痛が多すぎます。
耳と右の鎖骨。
それと、顎関節症の痛みってストレスでも出てくるらしいですね。
あと頭痛。

頓用で貰ってたロキソニンがなくなりそう。


耳の痛みは、最初の時右側だけだったんだけど
とうとう左側も出るようになった。やめてくれ
鎖骨は右側だけ。何故左は痛まないのか… 謎で仕方ない



声が出ないことを学校には話してあるから行きやすいけど
普通の外出はなかなか一人じゃ厳しいですね。
でも、一人で外出できるようにならねば。




最後に朗報です。

家庭裁判所に氏変更申し立てをしていた分が許可されました。
やったね

これで母親の苗字が変わるので、
変わり次第私も籍を移す申し立てをします。


少しずつ前進。
ゆっくりゆっくり。
耳鼻科に行ってみたけど、やはり声帯に異常はなし。
逆に、鼻からカメラ入れて、声出してみて
って言われて「出ないものをどうして出せと」と思いながら、結局出ず
それなのに耳鼻科の先生からは
「声は出るよ。ただ、ストレスで出ないだけ」と言われました。

そう思ったけど受診したんです はい。
なんか、今まで凄く信頼してた先生だったんだけど
「声は出るよ」で結構傷つきました。
「出ないから来てるんだよ」ってね。

これは精神科の領域ですね。
8日の診察日まで待つしかなさそうです。
8日は丁度始業式。
クラス替えの日に声が出ないとは…
筆談の人と友達になろうとする人は
果たしているんでしょうか。
自分ですら筆談が面倒なのに。

あと、「声が出ません」→「耳は聞こえますか」
は思い込みだと思う。
だから、「声が出ません。耳は聞こえます」って伝える。
でも、このこと自体が
耳の聞こえない人への冒涜なのかもしれない。


少し楽しかった話。
18歳になったので、献血に行きました。
比重も足りて、400ml抜かれてきました 楽しかった

担当してくれた看護師さんが凄くいい人で
「何かあったら手を上げてね。
ここらへん看護師だらけだからすぐ来るよ。
書いてくれたら伝わるからねー」
って、普通に扱ってくれた。
嬉しかったです。


心因性と言われても、何が原因なのかさっぱり。
というか、思い当たる節が多すぎる…
積み重ねてきたものなのか、丁度今起こっていることなのか
どうなんでしょうか。

でも、家の中で家族となら話せるようになりました。
そこらへん見ると、やっぱり心因性なんだな って思います。
外への恐怖なのか、何なのか。
でも、外に出れるのになあ。

一時期、全く出られなかったときは
声も出て、耳も聞こえて。
あれの反対バージョンと考えていいのかな。

ネットで調べても大した情報がないし
耳鼻科の先生は病名すら教えてくれないし
ひたすら「声は出るよ」って…
まるで わざと出してない って言われてるみたいだった。

知識が欲しいなあ。情報も。

| main |