FC2ブログ
マウスピースを受け取りに行きました。
結局は5000円くらいで済んだのかな
慣れるまでは違和感やばそうです。

石膏の歯型を記念にもらったけど
散々な歯並びをしてます。
先生も苦笑いしてた。
お金貯めなくちゃなぁ… 矯正したい。


マウスピースつけた感想は
うおおおおお
こんなに歯ぎしりしてたんだ…
でした。



今朝はかなり身体が重くて
歯医者行くために
布団から身体を引き剥がして
帰ってから二度寝。

ぎりぎりまで寝てて
コンタクトを入れる気力もなくて
眼鏡かけてバスに揺られて1時間半。

半目のまま古典を受けた後
気分悪くてベッド借りてたんだけど
途中で、ざわざわ感が止まらなくなって
保健室に預けてた頓服をごっくん。

それでも止まらないし
身体が火照って仕方なかった。

地団駄踏みたくなるし、叫びたいし
ぎゃあああああああ って感じ。


それで、久々の氷タイムです。

①洗面器を用意します。
②洗面器の底が隠れる程度に、氷を入れます。
③手を突っ込みます。

以上。

自傷衝動を和らげるために
氷を握るっていうのは
結構聞く話なのだけれど、
それの強いバージョンと思ってもらえばいいと思います。


1年くらい切ってないんだけど
ぶり返しそうなときは
大体、氷でどうにかなります。

私はね。

人によって合う合わないがあるけど
有名どころとしては

赤ペンで線を引く
ゴムパッチン

かなあ。

赤ペンについてですが
入院中はサインペンでした。
ボールペンは刺す可能性があるから
詰め所預かりだったのを思い出します。

白い紙を鉛筆で真っ黒に塗るのも
イライラしたときにやります。


いくつか手段を用意するといいかもです。
その時の状態によって
効く効かないがあるので。

外出中(学校)のざわざわ感を止めるときは
基本的に氷を選んでます。

【続きを読む】

スポンサーサイト



政経の先生と学校を出たのが同時でした。
その先生は電車通勤。
途中まで一緒に帰りました。

先生は駅までのバスに乗るため
私は乗り継ぎの駅までのバスに乗るため
バス停でさよなら。


いつもの先生はスーツとワイシャツ

帰りはジャケットを羽織ってて
前を閉めずにポケットに手を突っ込んでる

たまにしか見ない先生でした。

個別課外の時はジャージだったので
更に楽しかった私です。


それだけだよ
でも、楽しかったの。

| main |