FC2ブログ
病み記事ではないのでご安心を。

志望校が心理学系に確定してきました。
というか、そのために文転したようなものなので
今更変えようがないのですが。

センター対策と小論文を書く毎日です。
比較的文章は書ける方だからあまりきつくないけど
はっきりすっきりまとめるのは得意じゃない。

アイデンティティーの確立
生きる意味とは
生きる力とは…

色々と考えることが多いです。

全体的に考えを保留してたけど
自分には関連のある、深いワードだな。

もっとしっかり考えて自分の考えを持てるようにならなければ。


今日、ある先生から
「椎名さんは本当に真面目って顧問の先生が言ってたよ
私もそうだと思う」
と言われました。

自分でも嫌になるほど真面目だ。
損な性格だとも思う。
でも、この真面目さは私の取り柄です。

真面目が一番!
と中学の卒アルに書かれたなあ、懐かしい。

真面目に、こつこつ。


追記は久しぶりのコメント返し

【続きを読む】

スポンサーサイト
今日は今から3週間振りの病院です。
とってもエネルギー使うからきついな。
それと同時に欠かせないものでもあるから
避けて通れるものではない。

いつか話せたらいいな、ってことがいくつかあります。
何度か紙に書いてみたけど伝える勇気はない。
脳みそにこびりついているのに。


あまり天気が良くないからか
私もパキッと元気ではない感じ。

季節の変わり目ですね。
難しい季節だ。


行ってきます。
家族で血が繋がっていて同じ家に住んでも
性格真反対の人が2人居ると厳しいです。

性格なのか、生育環境の違いなのか
妹とは同じ環境で育ったはずなんだけどな…
私がずば抜けて神経質なのは間違いないですね。

最近の記事は全体的に暗い内容が多い。

小さく嬉しいことは沢山ありますよ。
笑うことも多いです。
でも、ずーん と心の中に沈むものは
どうしても暗い内容になってしまうよね。


追記、ダラダラと。

【続きを読む】

適当に、が苦手です。

適当にやっといて とか 午後に来て とか
とにかくアバウトが苦手。
決して嫌いではないし、適当って素晴らしい響きなのに
何故なのか、とても苦手。

誰かと約束するときも時間をきっちり決めるし
集合場所も、行き先も、何時頃に帰ってくるかも
全部予定を立てて、複雑なら紙に書いて
頭の中で何度もシミュレーションする。

こんなややこしいことしなくてもいいのに、と思う。
でも、こうしなくちゃ上手くいかない。
こんなしても、上手くいかない。


「明日来て」と言われた時にはパニックで
何時に、どこに、何を持って
時間はどのくらいかかるのか、何時終わりか
誰が居て、何の話をして、何をするのか
分からない。予想できない。
考えても追いつかず、フリーズしてしまう。


よくあることです。
本当に毎日、沢山こんなことがある。
その度に時間を確認して、手帳に書く。

何度も手帳を開いて、話す内容を考えるし
適切な速度と音量で声が出るように、
スラスラ言葉が出るように予行練習もする。


色々と、すんなりとはできないのです。
私の生き方は無駄が多いけど、これ以上は難しい。

細かく決めておかないと気になる。
主軸の時間が決まってさえいれば、
遡って予定を立てられます。

最近の生きづらさの一つです。

ある程度病気をコントロールできているからこそ
こういうことを思うのかもしれないね。


はああ、嫌になる。

こんな生きづらいのか。
こんなのでこの先大丈夫だろうか。


「椎名にはその大学合うと思う」


そう言われました。
暖かい地域の大学です。



父の仕事関係で各地を転々としたけど
やっぱり暖かい土地が好き。
気候的に過ごしやすいっていうのもあるし、
何より、人柄が良いです。

関東、四国以外は住んだけど
一番きつかったのは近畿でした。

幼少時代を田舎で過ごしたせいか
人が多くてビルが沢山ある環境に馴染めなかった。
それと、訛りが強かったみたいで
散々田舎者と言われた記憶。
田舎者なのは事実ですが。

東北は寒かった思い出しかなく。
寒いと言っても、宮城だったから
暖かい地域だったんだけどね、十分寒かった。
さっぱりした性格の人が多くて
素っ気ないというか、なんというか。

福岡も、あまり好きではありません。
住み始めて8年目、未だに家の近所で迷います。
特に思い入れもなくて、うーん…

幼馴染が居ないっていうのは大きいかも。
ただ、宮崎に帰った所で幼馴染と言える人も居ず。
それでも出身を聞かれれば、宮崎と答えます。

九州南部は今でも「家」の考えが強い(と思う)けど
その環境で育った者としては丁度良くて
人と人の距離感が好きです。
時間の流れもゆったりしてる。

そんな感じで、福岡以北には住めないような。
とにかく、暖かい所に住みたい。


です。

それでは。
なかなかに、つらいですね
だけど、生きていくしか


修造カレンダーを毎日めくって
今日も頑張ろう、と元気を入れる

つらいのです
いつの間にか涙が出なくなってきた
どこかにストッパーでもかかってるのかな

こういう時に限って
どうして が浮かんでくる

あの時私は どうして
どうして 今も

自分をひたすらに責める
今までも これからも

どうして
もっと上手く、上手に、計画立てて
未練なく終わらせられなかった
詰めが甘かった


今から病院です

話すことはいくつかある。

後期からの診察時間、頻度 とか
家のことを話したい とか

実は今の主治医は母と会ったことがない。
いや、別に会わなくてもいいとは思うけど
私の話聞いてて想像できるのかなー
とか
私の話は事実を盛ってるように思われてたりしないかなー とか

実際、会ってみたいと言われても
秋は時間が作れなさそうなので無理かな

診察自体は嫌いじゃないし
吐き出す場所も必要だと分かってます。
今の先生はピッタリとまではいかないけど合うし
話すことは苦じゃないのです。

ただ、病院着くまでのバスの中で
緊張して気分悪くなるんですよね。
しょっちゅう会う人じゃないからだろうか。

そこがきつい。

でも、今日も3週ぶりの診察です。
既に気持ち悪いけど頑張ろう。
愛されていると知っているのです。
でも 知識として知っているだけで
感覚的に愛されてるのか 分からない。
分からないのです。
教えてもらっても 分からないのです。

ごめんなさい お母さん
私はそういう人間なのです。

【続きを読む】

| main |