FC2ブログ
大学病院での診察は今日で最後だった。
最初に4ヶ月、再入院から2年4ヶ月の間お世話になった。
本格的なメンヘルライフの半分は大学病院だったような。

主治医に伝えたかったことは全部伝えてきた。
セクマイだということは、ついに自分の口からは言えなかったけど
文章にしてあったから伝わったはず。

最後の割にあっさりとした診察で特別感はなくて、
でも、主治医からの
「椎名さんは、もう入院することはないと思います」
という言葉が地味に嬉しかった。

実家から距離を置くことで、快復に向かうでしょう
ということらしい。

「進学先でも、無理せずに」 だそうです。
写真を撮って、お手紙渡してきた。


入院中にお世話になった看護師さんに挨拶にも行った。

まずは、不定期だけど何度か会ってた方。
合格報告をしたら、思った以上に喜んでもらえて
コンビニでプリン奢って頂けた。

2人目に、2年ぶりに会った方。
異動先が分からなくて会えてなかったけど
1人目の看護師さんの繋がりで再会。
「変わってないねー!童顔のままじゃん!」
というのが第一声だった。
少し話して、目一杯褒められてきた。
我が子のことのように嬉しい! だそうです。
私も嬉しい。

3人目に、3年ぶりに会った方。
久しぶりに名前を聞いて、
当時とってもお世話になってたから、どうしても会いたかった。
会って、これまでと、これからを話して、
いろいろ、たくさん。


帰省したときには顔出してね と言われたけど
普通の人は顔出さないよなあ…とか。
でも、困ったらいつでも連絡してね(手紙で)
というのは少し嬉しかった。


夜中だから、文章のまとまりが悪いけど
とりあえず投稿だけ。
加筆修正はするかも。

おやすみ。



スポンサーサイト



| main |