FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寝ること 食べること
どちらかひとつくらい正常化しないものなのか。


夜明け前に目が覚めて、真っ暗なキッチンの明かりをつける。
そういう毎朝を繰り返すわけではなく、
2,3日に一度訪れる。

眠る前に頓服をあらかじめ飲むと朝まで眠れる。

どちらがいいのか、もう分からない。


だから、2,3日に一度。


入院前から食べられなくて、退院後も食べられなくて
緩やかに、されど確実に減ってゆく体重を、毎朝計る。

食べられなくなる前と比べて、6キロは減った。
まだ食べられないから、ここ数日も減り続けている。

食べ物を口に入れること、咀嚼すること、飲み込むこと
この一連の動作が、すんなりできない。

どうして。


切羽詰まっている体重じゃない。
世間的には健康的な肥満体。

なのに、すごく怖いのだ。

食べられないことが、人でなくなっていくようで。


それなのに、毎朝体重を計って、
少しずつ小さくなる数字に喜んで、
少し浮き出た鎖骨を撫で、日に何度も愛でる。


本当に食べられないのか、
食べられるのに食べないのか。

うんざりする



眠ったら、また朝がくる。
長い一日が始まる。

不安定な睡眠と、食行動と、体重たち。
そんな自分を大切にしてあげられない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。